アース建設のこだわり

人とつながる快適なくらし

アース建設はお客様のことを考えて、快適なくらしが実現できるように、次のことにこだわった家づくりをお約束します。

アース建設のこだわり:沖縄で新築・リフォーム・防風ネット設置のことなら「アース建設」
  1. アース建設のこだわり:沖縄で新築・リフォーム・防風ネット設置のことなら「アース建設」
    お住まいになる方の生活に合わせた設計。
  2. アース建設のこだわり:沖縄で新築・リフォーム・防風ネット設置のことなら「アース建設」
    素材にこだわりがあるから、からだに安心。
  3. アース建設のこだわり:沖縄で新築・リフォーム・防風ネット設置のことなら「アース建設」
    いつまでも快適に過ごせるように、将来を見据えた設計。

サービス概要

新築

リフォーム

防風ネット(ハリケーン・ファブリック)

防風ネット(ハリケーン・ファブクリック)とは

猛烈な台風の雨・風を95%以上防ぐ次世代防風ネット

ハリケーン対策として生まれたのが防風ネットの「ハリケーン・ファブリック」。15年以上の歴史がある、世界的に承認済みの信頼性の高いものです。暴風や雨、飛来物、台風などによる建物の破損を予防することができます。なんと想定風圧は90m/s相当。だから猛烈な台風が来ても安心。台風の雨も風も95%以上カット。大切な家を守るために設置する方や、景観を損なわない外観なので、ホテルやレストランといった商業施設に設置する事例も多くなっています。着脱が可能なので、台風が到来するときだけ設置することも可能です。

防風ネット(ハリケーン・ファブクリック)CM

猛烈な台風の雨・風を95%以上防ぐ、次世代防風ネット

防風ネット(ハリケーン・ファブクリック)の種類

  • アストロフレックス

    アストロフレックスのスクリーン(ベージュ)
    アストロフレックスのスクリーン(ベージュ)
    アストロフレックスのスクリーン(黒)
    アストロフレックスのスクリーン(黒)

    強力なトランポリン生地(100%ポリプロピレン編物)と特殊なカーボン・ファイバー・クリップによる画期的な台風対策が可能な商品です。高風速地域でも利用できる高品質の台風防災システムです。半透明なので外の様子がきれいに見えるのが特徴。

    色は黒とベージュをご用意しています。

    • 台風対策に最適!
      暴風、雨、飛来物、台風の三大脅威のすべてに効果がある革を採用した新しい台風対策商品です。
    • 強い!
      耐用風圧はなんと風速90m/s相当。
    • 雨・風を95%以上カット!
      台風の雨と風を95%以上もカットします。
    • 浸水防止!
      風圧を止めるから、窓やサッシなどからの浸水を止めることができます。
    • 高い耐久性!
      柔軟性があるため、シャッターと違って、何度当たっても飛来物による防災効果を維持できます。
    • 景色を損ないません!
      半透明なので、外がきれいに見えます。建物の内側からの景観を損ないません。
    • 圧迫感が少ない!
      外の明かりが入ってくるので、停電時の圧迫感を解消できます。
    • 着脱が簡単で、保管の場所をとらない!
      軽くて、取り付けや取り外しが簡単。しかも保管も場所をとりません。
    • 低価格で設置可能!
      シャッターやネットと違って建物のデザインを損ないません。さらにそれらと比べても低価格で設置できます。
    • 厳しい建設基準を合格!
      FBC(フロリダ州建設基準)、IBC(国際建築基準)、HVWZ(高風速地域)など、最も厳しい国際規格で承認済みです。
    • 信頼性が高い!
      米国においてこのシステムを使えば、火災保険料が3割引されます。それだけ信頼性の高い商品です。
    • 短い納期で設置可能!
      設置が早く納期を数週間に抑えることが可能です。
    • 離島での設置も負担軽減!
      軽量なので送料も安く、離島での設置も負担が軽減されます。
  • アストロガード

    アストロガードのスクリーン(白)
    アストロガードのスクリーン(白)

    次世代のハイインパクト防風スクリーンです。高強度なナイロン・ハイブリッド織物に、紫外線に強いレジンコーティング加工を施しています。その結果、風速70m/s以上の猛烈な台風の風や雨、さらには飛来物から建物を守ることができる防災システムです。この画期的なシステムは、台風対策市場に革命を引き起こしています。従来製品にさらなる耐久性と紫外線カット機能を追加した製品です。

    色は白をご用意しています。

    • 強い!
      破裂耐用強度は約7.0MPaという高強度な製品です。柔軟性があるため金属シャッターやロールシャッターよりも遥かに強い強度を誇ります。
    • 安全!
      強い風圧がかかっている時や飛来物がスクリーンの角に当たった時でも、雨風や飛来物を確実に止める、業界最高の強度を誇ります。
    • 風と雨を100%ストップ!
      通気性がないので、猛烈な風と雨でも100%止めることができます。
    • 取り付けが簡単!
      平方300gm程度の軽さを実現。そのため、台風が接近したときに簡単に取り付けが可能です。金属シャッターのように電力を使わず、さらに故障もないため、いざというときにすぐ利用可能です。
    • 求めやすい!
      コストパフォーマンスに非常に優れた製品で、独自の製造技術により、低価格で家庭用としても施設用としてもご利用いただけます。
    • 自宅でも商業施設でも利用可能
      自宅の防風対策としても気軽に導入可能。もちろん、ホテルやリゾート施設、レストランなどの商業施設などにも適しています。
    • 紫外線に強い!
      レジンコーティング加工を採用し、紫外線に対する耐用が抜群です。数ヶ月間そのまま設置した状態でも紫外線による劣化はありません。劣化を防ぐために台風のたびに着脱を行う必要がありません。
    • 光を通す!
      アストロフレックスのような半透明な素材ではないですが、光を通す素材となっています。アルミシャッターや雨戸と違って、本製品を張った状態でも家の中は明るく、シャッターのような圧迫感から解放されます。
    • 厳しい建設基準を合格!
      米国フロリダ州の厳しい検査に合格しており、最もハリケーンの風速が強い地域での利用は認められています。(認可番号:12575)
    • 保管も簡単!
      使っていないときは、シートのようにたたんで専用の袋で保管できます。
    • 短い納期で設置可能!
      設置が早く納期を数週間に抑えることが可能です。
    • ソーラーパネルの保護も可能!
      台風対策としてソーラーパネルの裏と左右をふさぐことが可能!

あなたに最適なのはどっち?

  • 建物の中から外のようすが見れる方がいいわ。
    • 防風ネットを張っているときでも外の様子を見たい。(半透明素材がいい)
    • 黒やベージュ色が建物に合う。

    アストロフレックスがおすすめ!

  • 台風の風雨や飛来物をしっかり防ぎたい!
    • 飛来物に対する最高レベルの安全性を求めたい。
    • 風と雨を100%止めてほしい。
    • 長期間防風ネットを張ったままにしたい。
    • 白いスクリーンがほしい
    • 優れている性能を低価格でほしい。
    • ソーラーパネルの台風対策として使いたい。

    アストロガードがおすすめ!

施工例

  • 防風ネット施工例
  • 防風ネット施工例
  • 防風ネット施工例
  • 防風ネット施工例
  • 防風ネット施工例
  • 防風ネット施工例
  • 防風ネット施工例
  • 防風ネット施工例
  • 防風ネット施工例

お客様の声

  • 私たちのニーズに応えてくれるものだと大変期待しています。

    これまでは、一般的なネットを使っていましたが、飛来物はともかくとして、風圧や雨に対する効果はないから困っていました。しかし、ファブリックスクリーンは、飛来物も風圧もストップしますから、私たちのニーズに応えてくれるものだと大変期待しています。

    また先日レストラン入り口にスクリーンを配置したら、これまでクーラーがほとんど効かない大部屋が急に涼しくなりました。つまり、日よけとしてもすばらしい効果があるようです。

    小浜島 ハピラパナ 施設長様

  • 強度はアルミシャッターより優れているのに断然安い。

    とにかくすごいです。強度はアルミシャッターより優れているにもかかわらず、コストはその4分の1から3分の1ぐらいで、断然安い。八重山みたいに台風が直撃するリスクが高い地域で最適だと感じました。

    石垣市登野城 S様

  • 塩害の影響もまったくなし。

    今までは台風がこれば、植木鉢の花が塩害で全滅していたので覚悟していたのですが、ハリケーン・ファブリックをベランダに設置してから、花も植木も大丈夫でした。設置した景観もきれいで満足しています。

    石垣市登野城お住まいの方

  • 台風でも風圧がガラスに当たらなくなり安心しています。

    アルミシャッターをベランダのサッシにつけていたのですが、4年前の超大型台風13号の時はシャッターを閉じていたにもかかわらず、ガラスが5・6センチ内側に膨らんでいました。しかし、ハリケーン・ファブリックを設置してから、台風でも風圧がガラスに当たらなくなり安心しています。

    宮良地区 T様

  • 設計段階から積極的に採用しています。

    弊社では、注文住宅・建売住宅に、ハリケーン・ファブリックを設計段階から積極的に採用し、「安心・安全」をコンセプトとしています。

    (有)原商事様

  • この間の台風は物足りないぐらいでした。

    石垣市浜崎町 A様

  • 100%満足しています。台風の地域に住む方ならお勧めします。

    いろいろ検討しましたが、ハリケーン・ファブリックが最高の選択肢と決めました。

    石垣島は2年前から住んでいて、大きな台風はすでに数回経験しています。ハリケーン・ファブリック・スクリーンでしっかり安全と感じ、また被害は全くありませんでした。そして半透明で、家の中は明るく、外が見えるのがよかったです。我々は100%満足しています。台風の地域に住む方なら、是非ハリケーン・ファブリックをお勧めします。

    石垣島 ゲーナー様

  • 家族を守るために設置して、安くて安全を実感しました。

    10年前から内地から八重山に引っ越してきました。その時は家のデザインをアルミシャッターで台無しにするのはもったいないと思い、よくみられるみどりのネットをベランダの台風対策としました。

    ところが、2006年9月の猛烈な台風13号が八重山に直撃した際、ネット自体がいとも簡単に破れてしまいました。瓦が次々とはぎとられながら奇跡的にうちの窓ガラスは割れずにすんだのですが、家は大きく被害を受けました。

    二度と家族を危険な目に遭わせたくないと決意し、ベランダにロールシャッターを設置しようと見積もりを頼みました。すると数百万円の見積もり額!戸惑っているときに、アメリカの友人から「ハリケーン・ファブリックはすごいみたいだよ」という情報をもらって調べたところ、強くて、軽くて、建物のデザインを損なうこともないこと。さらには数十万円で設置できるとわかって、早速依頼しました。

    その後、台風12号・15号という風速60m/s以上の大型台風が石垣島を直撃しました。しかし、驚きました。サッシのドアを開けたまま、台風の最中にベランダに出ても大丈夫でした。コーヒーを飲みながら台風のすごさを安心して体験しました。

    安くて安全、しかもすばらしい効果でした。皆さんに感謝しています。

    石垣市北部 W様

  • 台風後の掃除が楽になりました。

    ベランダは東向きで、台風のときはいつも怖かったですが、このスクリーンのおかげでとても安心しました。

    また、以前までは台風後の掃除が大変でしたが、スクリーンのおかげで、葉っぱなどが家の外壁につかなくなったので楽になりました。

    真栄里 M様

  • 鉄砲雨を防いでくれ、飛来物の心配もなくなりました。

    台風のたびにロビー付近は水浸しになってましたが、スクリーンをロビー付近につけると、鉄砲雨を防いでくれ、風圧もなく、台風時でもロビー内がとても静かになり、飛来物の心配もなくなりました。ほかの場所にもさらにスクリーンを設置しました。

    真喜良 ロイヤルマリンパレスホテル様

  • 外の様子を見ることができるのは大きなメリットです。

    台風対策の選択肢が現れてうれしいです。ロールシャッターなら数百万円のところを、数十万円で守ることができるようになりました。しかもハリケーン・ファブリックは半透明ですから、スクリーンをつけても外がきれいに見えます。

    台風が通過するまで何日間もかかる八重山では、台風が到来しているさなかでも、外の様子を見ることができるのは大きなメリットです。

    匿名

アストロフレックスの「よくあるご質問」

  • 雨戸やネット、防犯フィルムに比べて、本製品を選ぶメリットは何ですか?

    アストロフレックスは、風圧や雨の侵入、飛来物も防ぐので、沖縄の台風の三大問題をすべて解決します。アルミシャッターやネット、防犯フィルムなどのあらゆる台風対策商品とは比べられないほどの効果があります。

    トランポリン生地は優れた強度がある上、軽いので、一度設置したら誰でも簡単に着脱可能です。また半透明なので、建物の中から外の様子がみえて、雨戸の場合にある圧迫感から開放されます。停電時でも外光が入るので明るいです。

  • サッシや窓枠から吹き上がる雨も止められますか?

    はい可能です。風圧を97%まで軽減させることができるので、鉄砲雨が直接サッシや窓に当たらなくなり、水による被害を防ぎます。70m/sの風も3m/s程度のそよ風に軽減されます。

  • アストロフレックスで窓ガラスは割れない保証はありますか?スクリーンとガラスの間にスペースがあまりない場合でも大丈夫ですか?

    アストロフレックスは柔軟性があり、台風などの暴風による飛来物が衝突してもスクリーンが減速させることができます。飛来物の大きさ、速度、スクリーンとガラスのスペースなどの条件により、ガラスが割れる可能性はあります。しかし、当社のスクリーンは、高風速地域でも耐えうる品質であり、ガラスを守るための最低限のスペースを強度計算資料に明記しており、その間隔のとおり設置することで、ガラスが割れる可能性は、アルミシャッター類などと同等となります。

    実際、2008年のハリケーンシーズンにおいて、何万平米ものスクリーンを設置した事例において、ガラスが割れたのはたった3枚だけでした。

    ネットや雨戸と違い、たとえガラスが割れたとしても、雨風はしっかりと防ぎ続けます。ネットや雨戸の場合は、部屋が雨風で被害を受けることは必至です。強化ガラスといっても飛来物があたれば割れる可能性は高くなり、その修復に余計な費用が発生してしまいます。

    アストロフレックスは、いくつもの飛来物をうけても、そのまま機能し続け、たとえガラスが割れたとしても変わらず雨風を防げます。

  • メンテナンスや保存はどうですか?

    アルミシャッターなどのように電動製品ではないので、特にメンテナンスなどは必要ありません。温度や湿度による影響も受けないので、車庫やガレージ、屋根裏など、どこでも保管が可能です。

    さらに石けんを使って水洗いしても構いません。

    アンカー類も特にメンテナンスは必要ありませんが、沖縄など塩害の強い地域では、定期的に水洗いや錆止めスプレーなどのケアをオススメいたします。

  • 太陽の紫外線による劣化はありますか?

    紫外線に強い素材となっています。ASTM D154の国際基準でいえば、5,000時間相当の露出でも、77%の残留強度を保っています。つまり、たとえば1年に台風が5回、その1回が4時間、また1日の紫外線の影響が10時間だと想定した場合、スクリーンは25年以上使える計算になります。

    また、台風シーズン中に張りっぱなしの場合(120日間、10時間/日、合計1,200時間/年の場合)を想定しても最も紫外線を受ける向きや環境であっても、5年以上は十分に使える計算となります。陰になったり、北向きの場合はさらに耐用年数が延びます。(但し、紫外線による劣化がみられる場合は早めにスクリーンを買い換えるようお勧めいたします。)

  • 取り付けや取り外しは大変ですか?

    いいえ、スクリーンは軽くて簡単に取り付けることが可能です。ネットのように、軒下の高いところでの作業も簡単で台風準備の際の負担も少なくてすみます。

  • どんな色がありますか?

    色は黒とベージュがあります。

  • 鋭い飛来物が当たれば穴が開く可能性はありますか?

    アストロフレックスは優れた穿刺に耐用する能力がありますが、万一突き刺さったとしても、スクリーンはそれ以上破れないような設計になっているため、防風機能は失われません。

    雨戸類の場合は、飛来物が当たれば曲がってしまいますし、雨戸自体が吹き飛ばされる可能性もあります。その場合は完全に防風機能が失われてしまいます。さらに買い換えないといけない場合もあり、コストパフォーマンスに劣っています。それに比べアストロフレックスは、何回当たっても機能が持続し、万一穴が開いても簡単に修復可能です。

  • アストロフレックスはどれくらいの風速に耐えられますか?

    建築基準上、ハリケーン対策商品は、風速ではなく風圧によって検査をうけます。本製品は80psf(3,830Pa、風速79m/sに相当)の設計荷重までの検査に合格しています。その検査には、1.5倍の安全係数が考慮されていますので、実際には120psf(5,745Pa)の荷重に耐えることが可能です。

    但し、実際には、風速や風圧、地形、高度、向き、海抜、海からの距離など、様々な要素を考慮した計算が必要ですので、専門スタッフと相談する必要があります。

    本製品は、最も厳しい高風速地域の基準を満たしています。

  • アストロフレックスは台風対策商品として国際規格や建築基準に合格していますか?

    はい。弊社のスクリーンはIBC(国際建築基準)およびフロリダ州やテキサス州の建築基準に合格しており、その中でも最も厳しい高風速地域内での利用が認められています。米国では、本製品を設置すれば火災保険の割引対象となることからもわかるように、高い信頼性があります。

  • アストロフレックスは、大型台風の環境下において、金属シャッターなどの雨戸類よりも強いですか?

    はい。検査では本製品は、90psf(4,309N/㎡)の風圧に十分耐えられます。その環境下では、一般的な多くの雨戸類は飛ばされてしまい、それ自体が飛来物として害を及ぼす可能性があります。

  • 最近の台風は猛烈な勢力に成長することが多く、風圧で窓ガラスが割れてしまうケースや雨戸やシャッターを使っていても効果がないケースがありますが、アストロフレックスは大丈夫ですか?

    安価な雨戸類の場合、風を通すように設計されています。しかし風圧が直接窓ガラスにあたるので、強度が弱く、近年の台風に耐えられないケースが多いです。一方で、本製品は風圧と雨を97%カットできるため、勢力の強い台風でもアストロフレックスの方が優れています。

  • アストロフレックスは日よけにもなりますか?

    本製品は、日よけを目的とした設計ではありませんが、紫外線にはかなり強い素材となっています。日よけとして利用する場合は、きちんとスクリーンの状態を確認し、劣化が見られたらスクリーンを早めに買い換えるなどの管理が必要です。買い換えるのはスクリーンだけでよく、設置器具などはそのままご利用いただけます。温度や湿度の影響は受けませんし、紫外線についても国際規格ASTM D154では、5,000時間で77%残留強度を保っています。それを基に計算すると、夏だけ使えば(120日、1,200時間/年)、5年以上は使える計算となります。陰になったり、北向きだった場合はさらに寿命が長くなります。

  • プレハブやハウスにも使えますか?

    アストロフレックスは、風を受け止め、風圧をカットしているので、構造物自体はそれだけの荷重に耐える強度が必要です。設置できるかどうかを弊社にご相談ください。

アストロガードの「よくあるご質問」

  • アストロガードは厳しいフロリダ州建築基準に合格していますか?

    はい承認されています(承認番号:12573)。それに加え、アストロガードはさらに高風速地域基準にも合格しています。ごくわずかな防風システムはこのレベルに達しています。これは鹿児島県、宮崎県、高知県などの海岸の一等地および沖縄本土、宮古島、八重山、そのほかの離島の全域というハイリスク地域に必要です。

  • 米国では火災保険が割安になるのは本当ですか?

    そうです。フロリダ州は世界的に最も厳しい火災保険制度がありますが、その規定で割安になるとされています。「アストロガード」は各種の火災保険会社の割引対象商品となっています。

  • アストロガードは軽いですか?

    はい。1平米で約364gmの軽さです。

  • 納期はどのくらいですか?

    通常は発注してから3週間以内に材料の手配ができ、設置いたします。

  • アストロガードは台風シーズンの間、張りっぱなしでも大丈夫ですか?

    はい。数ヶ月間張りっぱなしにしても、商品の紫外線による劣化はありません。

  • アストロガードは、沖縄など、猛烈な台風が直撃する地域でも使えますか?

    はい。アストロガードは高風速地域でも利用できます。業界の最も厳しい基準を合格しています。

  • アストロガードを取り付けるには、どのくらいの時間がかかりますか?

    アストロガードはアストロフレックス同様に、もっとも簡単に取り付けることができるシステムです。あらかじめ設置したアンカーにスクリーンを取り付けるだけの簡単作業で設置できます。台風が過ぎ去れば、水洗いをして専用の袋に入れて保管できます。

沖縄で新築工事・リフォーム工事・防風ネット設置をするならアース建設
沖縄で新築工事・リフォーム工事・防風ネット設置をするならアース建設「098-943-2998」まで
沖縄で新築工事・リフォーム工事・防風ネット設置をするならアース建設「info@earth-kensetsu.jp」まで